まさまさの徒然日誌

まさまさの徒然日誌

オシャレ男子を目指して日々奮闘している大学生のブログ

MENU

【雑談】 #75 マッチングアプリで彼女作ろう大作戦 ー残り2週間ー

けっこう読者受けが悪いマッチングアプリの雑談だけど、ここまでの進展を書いていくよ。

 

もともとアプリは3ヶ月のプランを選んでいて、自由に使える有料会員もあと2週間で契約が切れる。

 

使い始めて2ヶ月が過ぎた頃からは、「いいね」を押してくれる人が少なくなって少し寂しい。だけど今はいい感じの女性とラインで会話できているので、出会いには困っていない。

 

このアプリにはとてもお世話になった。3ヶ月で30人ほどの女性と会話をすることができて、そこで女性との会話を続けるコツを学ぶことができた。

 

最初の方は失敗続きで、マッチングしても数日後や1週間後に自然消滅してしまうことがほとんどだった。けれど年末年始にかけては、長続きする女性たちと出会い、今でもメッセージのやりとりが続いている。

 

その理由は、やはりクリスマスに一緒に過ごす男が欲しい女性が多かったのだと思う。僕のようなじっくり会話して、しかもライン交換を提案しなかったりデートに誘わない男は簡単に捨てられてしまうようだ。

 

その分クリスマス後でも恋人探しをする女性は、相手との会話を楽しみ、しっかり内面をみてくれているように感じる。

 

マッチングアプリをしていて、男は複数の女性と同時進行でメッセージをしている。だけど、付き合えるのはその内一人だけだ。どんなに仲良くなっても、一人と付き合って、そのほかの女性とは付き合うことができない。切り捨てに近い行為そのものだ。

 

僕はそんな葛藤と戦いながら、今2人の女性と会話をしている。

 

彼女たちとは電話もしたことがあるし、会おうと約束もしている。どちらも素晴らしい個性と魅力を持っており、はっきり言って、どちらも同じくらい気になっている。

 

この際、2人同時に付き合えたらいいのに。浮気や不倫をよくないと思っていたが、自分もそちら側の人間になってしまいそうな気がした。

 

今後はどうしていきたいか?

 

どちらか一人の女性と幸せになりたいと思う。だけどもう一人の女性とは仲の良い友達でいたい。

 

基本的に僕は関係を切り捨てるのは嫌いだ。というより、そんな残酷なことはできない。

 

マッチングアプリで知り合った人といえど、仲良くなった人という点では普通の出会いと変わらない。だから彼女にならなかったとしても、ラインをブロックしたり冷たくするのは間違っている。

 

僕のマッチングアプリで彼女を作ろう大作戦は、もう少しで山場を迎えるだろう。これからデートを重ねて素敵な女性を決めることになる。

 

今年の運勢は大吉だ。今年こそ、いや、数ヶ月以内に彼女が作れますように。

【雑談】#74 SABONでお買い物したよ

こんばんは。

 

実は昨日、SABONというお店に行ってボディーローションとハンドクリームを買った。

f:id:scorpiusmmmm1028:20220108191127j:image

なぜ買いたかったかというと、時はクリスマス前まで遡る。

 

先月高校の友達と飲み会をしたんだけど、その中に昔から仲の良い女友達がいて、誕生日プレゼントのお返しとしてクリスマスプレゼントをあげたのさ。

 

そのときにプレゼントとして選んだのがSABON。たしかシャンプーやトリートメントの小瓶を5つ選ぶことができて、合計3300円。プレゼントとしては最適なものだったと思う。

 

どうしようかな〜と悩んでいたところにショップの店員さんが相談にのってくれた。そこでいろいろな香りを嗅いでみたときに一番気に入ったのがデリケートジャスミンという香り。どうやら一番人気らしい。

 

そのときは自分用のものは買わなかったんだけど、後日ずっとデリケートジャスミンの香りが気になって、今度買いに行こうと決めた。

 

ボディーローションを選んだ理由は2つ。

 

1つはこの時期手がカサカサになるので、ローションを塗って感想を防ぐため。もともとボディークリームを買う予定だったが、クリームは保湿力が強いそうなので、自分に合ったローションを買うことにした。

 

そしてもう一つがやっぱり香りだ。ボディーローションを塗ると1、2時間くらいは香りを纏うことができるらしい。帰りの電車の中でマスク越しにも香っていたけれど、ちょっと匂いが強すぎたかな?笑

 

お会計をするときに付け足して買ったのが、ハンドクリーム。バイト中に手が乾燥するので、こちらはお出かけ用に持ち歩く予定。

 

SABONの店内はほとんど女性ばかりだった。男性もいたが、おそらく彼女の荷物持ちだろう。ひとりで来店しているのは僕だけ。

 

まあ、女子力を高めるために買ったのではなくて、もともとこういうおしゃれなものが好きだ。

 

男でこういう趣味を持っている人がどれだけいるのかわからないが、美しさを追求することに男女関係ない。僕は昔クラシックバレエを習っていたことがあって、常に美を探求してきたからかもしれない。

 

もっとおしゃれなものを買いたい。また購入したものがあればこのブログで紹介しよう。

【雑談】#73 ひとり反省会。ノー、ラインブロック。

やっほーー!!

 

深夜テンションでお届けする雑談第73回は、電話の反省について語ります。

 

長らくマッチングアプリの話をしてきて、やっと、やっと、第一関門がやってきました。そうです、電話です。

 

僕は前回初めて電話をしたときに、翌日お相手の方にラインをブロックされてしまいました。

 

今思えば、失敗して当然だ、、と思います。

 

そしてまさまさは学びました。電話をするときは、必ず予習をしろ!!

 

テストを受ける前は必ず勉強をしますよね。勉強をしないといい点数が取れないですよね。

 

マッチングアプリだって同じことです。相手のことを熟知してないと、会話のネタがなくなって沈黙するだけ、、

 

そうならないように、あらかじめネタを探しておく!!

 

これをテスト理論と名づけます!!

 

ネタは相手のプロフィールを見て、興味あることを聞き出せばOK!

 

自分がベラベラ喋るのではなく、相手に喋らせて自分は聞き手に徹するべし!

 

そしてもう一つ、言葉はハキハキしゃべろう!!

 

僕は夜に電話をしたわけだが、実家暮らしで家族がいることもあって小声になってしまった、、(Oh my god!!)

 

これがいけない!ボソボソと話す男は男じゃねえ!

 

もっと明るい声で、嘘でもいいから笑顔で話さないとつまらない男認定されてしまう。

 

だから家族がいない時間帯に話せればこっちのもんだぜ!

 

実を言うと、今すごくいい感じの女性がいる。

 

メッセージではお互いにタメ口で話して、名前をさん付けしないで呼び合う関係。

 

そして彼女から会う前に電話しようと言うので、今度電話しようと約束。

 

これは絶対に失敗できない!

 

100点を目指すのではなくて、及第点で次また電話できればオッケーだと思ってる。

 

もうこれ以上ブロックされたら、心が病んじまう。

 

だから、まじで、ほんとうに、失敗できない電話なんだ。

【雑談】#72 あけおめ雑談

あけましておめでとうございます。

 

2022年になって最初の雑談。何を話そうかなーっと悩むまでもなく、いろんなことがあった。

 

元旦の朝、それは気分が良いものではなかった。

 

眠いまぶたを擦りながら眼鏡をかけてスマホを見る。これは毎日の日課だ。

 

いつものようにTwitterを開く。毎朝、海外サッカーのトレンドを見るのを楽しみにしている。

 

「今日は元旦だ、きっと何か面白いトレンドがあるに違いない。」とスマホをスクロールしていると、「本田真凜」というトレンドがある。

 

本田真凜。彼女は僕が大好きな、僕にとってのアイドル的存在である。彼女は僕の理想の女性だし、この前まで好きだった人も本田真凜に似ている。もちろん彼女のインスタもフォローしている。

 

なんだろうと思ってタップすると、それは新年早々見たくもない知らせだった。

 

そう、熱愛報道である。どうやら宇野昌磨と真剣交際をしているらしい。

 

なんてことだ、ありえない、、

俺の、俺の本田真凜がーー!!!

 

彼女はもう他の男のものなんだ。見なかったことにしよう。そう思った。

 

年末年始は僕のおばあちゃんの家で過ごした。田舎にあるから時間がゆっくり進むし、勉強とかバイトとか、忙しい生活を思い出さなくてもいい。

 

テレビを見て、美味しいご飯を食べて、ちょっとお出かけして、インコと戯れて、、

 

老後はそんな生活を送りたい。

 

元旦は初詣のために神社へ行った。参拝をする人たちが長い行列を作っていた。

 

今年こそ彼女を作ること、僕のブログがもっと成長することなどなど、、とにかくいろいろなお願い事をした。

 

そしておみくじを引いたら大吉が出た。去年も大吉だったので、なかなか運がいい。

 

気になる恋愛は、「愛を捧げよ倖せあり」とのこと。

 

今年こそ倖せになりたい。もちろんそのほかにもたくさんいいことが書いてあった。

 

そういえばさっき、運がいいことが起きた。

 

友達からクリスマスプレゼントとしてもらった年末ジャンボで3000円が当たった。

 

5枚もらった中に一枚、3000円の当選くじが入っていた。すごくラッキーだ。

 

これは彼への誕生日プレゼントに使おう。

 

今年もブログを書き続けたい。本格的にブログを始めてから10ヶ月。登録者が飛躍的に増加したわけでもなければ、PVが増えることはない。

 

だけどこうして雑談を72回書き続けて、読みやすい文章とは何かを常に模索している。

 

誰かに役立てるような情報を書いているわけではない。ただ僕の日常を皆さんに晒しているだけだ。

 

それが何か意味があることなのかと言われれば、全く意味がない。僕もこのブログを今後どうしていきたいのかわからない。

 

ただ、ブログを書くことで得られたことはたくさんある。知識、タイピング、文章の書き方、、数えれば枚挙にいとまがない。

 

今後はもっともっとやりたいことをやる。そしてこのブログで雑談として話せていけたらなと思う。

 

それでは、今後ともよろしくお願いします。

【雑談】#71 LINEブロックされた悲しき男の話

昨日マッチングアプリからLINEに移行して、初めて通話をしたんだけど、翌朝ラインをブロックされた。

 

初めてアプリからLINEを交換した人だったので、少しは気があるのかなと思っていた。

 

電話の誘いも相手からだったので、そのつもりでいた。

 

夜の11時から1時間ちょっとくらい話していた。初めての電話にしては少し長かったと思う。

 

相手の声が聞けて、終始話すことがなくなりながらも、面白い話ができて楽しかった。

 

だけど会話の中で反省すべきなのは、相手と次の約束をしなかったことだ。「また電話しようね」とか「今度ご飯食べに行こう!」とか話しておけばよかった。

 

ただただお互いのことについて話をしていたら、そんなことも忘れて通話が終わってしまった。

 

「まあ、また今度電話をするときにデートの約束をすればいいや」

 

それが叶うことはなかった。

 

翌朝LINEを送っても夜までずっと既読がつかなかった。

 

バイト中も彼女のことが気が気でならなかった。

 

「いつ返信が来るのだろう、、」

 

不安を抱えながら働くことはとても精神的に過酷なものだった。

 

帰宅してからすぐにブロックされているかを確認した。LINEスタンプが送れなければブロックされていることが確定する。

 

LINEスタンプを送ろうとすると、

 

「お相手はすでにこのスタンプを持っています」

 

つまりどういうことかというと、終わったということだ。

 

僕は一晩の電話で彼女からブロックされた。

 

彼女とはマッチングアプリで1週間以上毎日メッセージを続けていたから、とても虚しい気持ちだ。

 

心にぽっかり穴が開くとはこういうことを言うのかもしれない。

 

きっとアプリの経験者や先輩なら、終わったことは気にしないで次を探そうと言うだろう。

 

ただ僕はまだその域に達していない

 

彼女から誘いが来たときは夜も眠れなかったし、いつも3時や4時に目が覚めてはアプリを確認していた。

 

そしていつもそうだ、相手からブロックやフェードアウトされるたびにバイト中の足取りが重くなる。

 

たぶん携帯を見れないからこそ、不安が募って心が晴れないのだろう。

 

誰かを誘うということは、関係がワンステップ深くなることを意味する。

 

たとえ世間話で花を開かせていたとしても、誘いの話になった途端、花が枯れることだってある。

 

でもいつかは誘わなくてはいけない。女性と会話するためにアプリをやっているわけではないから。

 

運動を続けていると筋肉痛にならないように、こうした心の傷も、やがて修復されて、ちょっとしたことでは傷つくこともなくなるのかもしれない。

 

出会いとは難しいものだ。自分が思っていた以上に恋愛とは複雑なものだ。

 

きっと明日には今日の出来事が癒えてるだろうけど、忘れないうちに書き留めておくことにしよう。

【雑談】#70 結婚を甘く考えるな!

ちょうど今Twitterで#ヴァンゆん結婚っていうハッシュタグがトレンド入りしている。そしてかなり大炎上している。

 

簡単な内容として、「YouTubeの登録者が250万人に到達したら結婚します!」というもの。(当初は226万人)しかし、結果として4時間の生配信で1、2万人増えただけだったというオチ。

 

いやいや、待てぃ!!

 

登録者が250万人いったら結婚とか、結婚を甘く考えすぎだろ!

 

結婚ってさ、お互いが付き合って、そこに愛が生まれて、安定した経済力があって、共同生活できるようになってから考えるものだろ普通。

 

なのに彼らは付き合っていない男女ユーチューバーでありながら、結婚を数字で決める始末、、

 

炎上しているのはこれだけではなかった。

 

登録者が227万人に到達したことで、急遽式場を予約したが最後はキャンセルした。当然、キャンセル料を含め、夜遅い時間まで残って作業をしてくれたスタッフもいる。(キャンセル料は3桁らしい)

 

しかし、「お金は払いますから」ということで終わり。これに対しネットでは、「お金を払えばなんでも言い訳ではないだろ!!」と批判の声。

 

やっぱりビジネスでもなんでもそうだけど、人を数字稼ぎとしか見れない人はうまくいかないよねっていういい例だね。

 

結婚という人生の節目となるイベントを、他人に決めてもらうというのが気持ちよくならない原因なんだろうな。

 

結婚はもっと慎重に考えようね、という話でした。

 

I wish for you.

【雑談】#69 クリぼっち男による悲しみの雑談

あのー、聞いて欲しいんだけど、いい?

 

さっきバイトに行ってきたんだけどさ、今日女の子誰一人として来てなかったんだけどどうしてなん?

 

まあまあな人数いるし、今日くらいバイト来る人いるだろうなと思っていたんだけど、若い人全然いなかったぞ、、

 

しかも最悪なことは、見栄を張って明日クリスマス休むんだけど、どうやら世間的に恋人と過ごすのはクリスマスイブらしい。

 

あのー、クリスマスイブにデートする人が大半って事実、今日まで知らなかったんだけど!!

 

じゃあ見栄を張ってクリスマスに休む意味ないじゃん!!

 

あとさ、イブに自分がバイトに来てたこと他の人が知ったら、まささん彼女いないの可哀想、、って思われるじゃん!!

 

自分は一体何をしているんだ、、

 

彼女いる体でバイト休もうとしたのに、逆に彼女いないCO出すとか虚しすぎだろ、、馬鹿すぎる自分に呆れた

 

いいな〜みんな幸せなクリスマスを過ごしているんだろうな〜。僕はこうやってブログを書いているんだよなぁ

 

でもね、気持ちの切り替えの速さだけは誰にも負けないくらい早いから、もう前しか向いてねぇよ〜^^

 

僕はね、決心したんだよ。だから来年の抱負を言います。

 

来年はもっと強い自分になる。

 

肉体的にも精神的にも強い男になりたい。今よりもっと強い男になることで魅力的な存在になれるように自分磨きを頑張ろうと思う。

 

どうしても今の自分は弱さが滲み出てて情けないんだよね。なんか声が小さいし、筋肉があるわけでもない。

 

そんな男じゃ彼女を守れないだろ!!って思い、決意した。

 

でも強い男になるってどういうこと?と思うだろう。だからもっと具体的にいうならば、

 

肉体を鍛えるために、筋トレやトレーニングをして強い肉体を手に入れる。

 

精神を鍛えるために、人との関わりを増やしたり自信を持つ努力をする。

 

外見はもう十分磨いた。あとは内面を磨ければ完璧だ!

 

もうこの話何度もしているから言いたくないけれど、言う。

 

来年のクリスマスイブは雑談をしない!

 

クリスマスイブこそ好きな人と過ごして、こんな虚しい雑談を書くような日々とはおさらばだ!

 

クリぼっちのみんな、来年頑張りましょう〜

 

リア充の奴ら、、

 

 

 

 

 

 

 

 

滅べ